こうの音楽教室<講師紹介>

井上 聡(バイオリン)

6歳よりバイオリンを初め、東京音楽大学バイオリン科専攻。
鳥居正積、岡山直、清水悦子、大澤秀夫、宗倫安、松本善三、兎束龍夫、各氏等に師事。
ビオラを兎束俊之、チェロを菊池和雄、室内楽を井上将興、各氏に師事。
都内主要オーケストラ、スタジオ収録等で演奏。
現在、郡山を中心に学校オーケストラの指導や演奏活動を行っている。
三春アンサンブル代表。日本クラシック音楽コンクール審査員。前三春町教育委員。

樋口 康子(バイオリン)

9歳よりヴァイオリンを始めこれまでに増子仁保、坂井玲子各氏に師事。郡山女子大学附属高校音楽科・同短期大学音楽科卒業。現在、河野楽器をはじめ島村楽器郡山店をなど各楽器店のヴァイオリン講師、弦楽四重奏のアンサンブルPAHF(パフ)として幼稚園やブライダル場など県内各地で演奏活動を展開中。オーケストラフィルジッヒ団員。

佐藤 正彦(ギター)

1963年 東京生まれ
安積高校卒業後、ミュージックカレッジ・メーザーハウスでギターを細野義彦氏・音楽理論を井上 博氏に師事。
1989年に渡米。 ニューヨークのライブハウスやラジオ番組に出演する。
また、コンポーザー・アレンジャー「カール・バーガー」に師事し、音楽理論を学ぶ。
帰国後はフリーのミュージシャン・ラジオプロデューサー・ディレクターとして活動中。
ギタリストとして「FRONT ROW」「SOUL SAUCE」「RAINBOW SEALINE」等のバンドに参加、県内外で演奏活動を行っている。

小山 雅代(サクソフォン)

南会津郡下郷町出身。
中学の吹奏楽部からサックスを始める。マーチング全国大会最優秀賞、全会津ソロコンテスト最優秀賞等経験。
光南高校音楽系列を経て、昭和音楽大学短期大学部サクソフォーン専攻卒業。在学中よりサクソフォーンカルテット、Natural☆High!!にてストリートライブやレストラン演奏、訪問演奏など演奏活動を行う。
卒業後、楽器店サックスインストラクターを経て、現在はフリーのサックス講師として郡山市内の音楽教室をはじめ、学校の吹奏楽部指導にあたる。またコンサートや結婚式場、ライブイベントでの演奏を行っている。
サックスを鈴木博子、田中靖人、福本信太郎の各氏に師事。昭和音楽大学福島支部同伶会会員、会津演奏会連盟会員。

小枝 泉(チェロ)

東京音楽大学(音楽教育専攻)卒業
いずみ音楽教室主宰
郡山女子大学短期大学部・附属高等学校音楽科非常勤講師
こうの音楽教室、ストリングスやぶきチェロ講師
アマデウス室内管弦楽団団員

個人のレベルに合わせて楽しく続けられるようレッスンいたします。
人の声に近く、あたたかな音色のチェロで、心豊かな時間を持っていただけたらと思います。

芳賀 大峰(サクソフォン)

郡山市立大島小学校、郡山市立郡山第一中学校(在学中に第13回日本クラシック音楽コンクール全国大会中学生の部 一位二位なしの第三位)、東京藝術大学音楽学部附属音楽高校(在学中に2004年第7回サクソフォン協会ジュニアサクソフォンコンクール第一位)を経て、洗足学園音楽大学を首席並びに最優秀賞を受賞し卒業。洗足学園音楽大学卒業演奏会、第83回読売新人演奏会(東京文化会館大ホール)等の演奏会に出演。卒業後、リサイタルや室内楽の演奏会を主宰し精力的に活動する。
その後、スイスのルツェルン音楽大学Hochschule Luzernにて研鑽を積み、修士課程ソロパフォーマンスディプロムを取得、マイナー(副専攻)として現代音楽を学ぶ。2016年エドヴィンフィッシャーコンクール(ルツェルン)第一位。ソリストとしてルツェルン交響楽団とマルタン(Frank Martin)のバラード(Ballade)を共演し各紙から好評を博す。イエズス教会(Jesuitenkirche)などの教会で催される演奏会に招かれ、バッハなどのバロック音楽から現代音楽まで幅広く演奏する。現在は郡山市を拠点に演奏家、サクソフォン講師として活動している。
私は自由にのびのびと音楽をして欲しいと思っております。様々なご要望にお応え致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。心よりお待ちしております。

小高 絵吏(フルート)

洗足学園音楽大学音楽学部音楽学科(フルート専攻)卒業
在学中に、第12回wasbe吹奏楽世界大会に参加。
フルートを渡辺聡美、吉岡アカリ、アンサンブル指導を故 立花千春の各氏に師事。
フルート講師として、後進の指導にあたる他、ブライダル演奏、室内楽等の演奏活動を行う。

楽しく!わかりやすく!丁寧に!レッスンしております。
お気軽に体験レッスンへお越しください。お待ちしています♪

佐藤 みか(声楽・ボイストレーニング)

福島県立田村高校卒業後、郡山女子大学短期大学部音楽科声楽専攻卒業。
卒業後、楽器店講師を始め自宅にて、さとう音楽教室主宰。
県内の結婚式場、慰問演奏、合唱指導や伴奏なども行っている。
声楽を鹿目恵美子、長谷川素子、ピアノを阿部博子、栗山伸子、長谷川牧子の各氏に師事。
あぶくま混声合唱団指揮者。

クラシックの曲ばかりでなくミュージカルやポピュラーソングなど歌で音楽を表現してみませんか?

澤田 仁史(澤田流津軽三味線)

1959年 生まれ、郡山市在住
1990年 澤田流津軽三味線家元、澤田勝秋の門下「澤田勝仁」に津軽三味線・津軽民謡を師事。
1993年 澤田流・名取り拝名
2001年 ドイツ・バーデンバーデンにて海外演奏
2009年 マデウス室内管弦楽団ヨーロッパ公演に団員として同行、ウィーン・ドイツ(バッサウ)にて
作曲家・岡部富士夫による三味線と管弦楽のための「愁景」を世界初演。
2012年 10月 第4回秋田三味線全国大会「秋田荷方節」で優秀賞を獲得。
11月 長山洋子20周年リサイタル出演(浅草公会堂)
※民謡歌手のレコーディング・舞台・テレビ出演を多数。

現在、澤田流津軽三味線「仁史会」を主催、郡山を拠点にいわき教室・飯坂教室 他、NHKカルチャー郡山・福島教室講座・ヨークカルチャー福島を開催。
また、公益社団法人日本民謡協会・三味線教授・少年少女指導員、福島県民謡連盟郡山合同民謡会等で民謡の普及に努めている。郡山市「きらめき達人先生」に登録。

高橋 秀美(中国語)

中国で師範学校卒業後、小学校の教師になり全科目を教えました。ここではそれぞれ科目の教え方は勿論、社会人としてコミュニケーションの常識などを学ぶことができました。
また師範学校習得した心理学も児童の把握のために役立ったと思います。
日本で通訳(日中)、日中貿易関係事務、中国語講師などしています。
自分の長所は向上心があることだと思っています。
趣味は旅行とチャレンジ。